薪ストーブ

プランニングPlaning

薪ストーブを設置した時の
部屋のイメージを描くことが大切

オフィス・チムニィでは、プランニング及び設置後の取り扱い説明にも重点を頂いております。(設置後の取扱説明は約1時間30分程度頂いております)

そのため、シーズンオフでの設置の場合は、シーズン前に再説明をさせて頂いております。

プランニングの初めは、薪ストーブを設置した時の部屋のイメージを描くことが大切です。

取替えや移動する事もない、なが~い付き合いの薪ストーブ。飽きのこない機種を最適な場所に設置して頂くことが大切です。

以下、プランニングに関しての考え方をご説明いたします。

ストーブの選び方

ライフスタイルで選ぶ(材質による暖房の違い)

  • 一日在宅使用の場合

    石(ソープストーン)

    温度変化が少なく長時間放熱

  • 短時間の使用の場合

    鋼板製

    発熱が早いが温度低下も早い

  • 一般的

    鋳物

    左記の中間

暖房能力で選ぶ

メーカー資料による暖房面積は、各社条件が異なり一概に数値だけを比較する事はできません。また、設置される部屋の条件(部屋の使用材料、吹抜けや間取り状況など)が大きく影響します。

また、メーカー記述の暖房面積数値は、最も良い条件のもとで良い薪を最大限に燃やした状態の数値とお考え下さい。そのため実際には数値の60%~70%程度とお考え下さい。詳しくはアドにバイザーにご相談下さい。

デザインで選ぶ

炎で選ぶ

近年、炎の美しさを重視される方が増えてきました。

薪ストーブひとつひとつに個性があるように炎もそれぞれに違いがあります。

「力強い炎」「優しく美しい炎」「焚火のような自然な炎」など選ぶ楽しみの一つです。

当社では同時に10機種の炎をご覧頂けます。そのほかに関しても画像等で見ることもできます。

風の強い地域における選定注意

風の強い地域で注意する事があります。それは、外の風による煙突のドラフト(排気の上昇)の変化です。

原理は、ダイソンの羽根無し扇風機。強い風は、接する空気を引っ張る性質があります。強い風の時、煙突の排気を引っ張ってしまい燃焼が不安定になったり、本体の熱が逃げるため勢い良く燃えているのに温度が下がったりする現象が起こります。

本体構造が単純なほどこの現象に対応が出来ない場合があります。

機種選定においてアドバイザーにご相談下さい。

薪ストーブの設置

「どの範囲までを温めるか」薪ストーブライフを楽しむために大切なことです。

これは家の間取りによって大きく影響を受けます。

  • 新築の場合

    出来る限り家全体を暖めたい

    室内の空気がどのように動くかを知ることが大切です。階段の位置や吹抜けの位置、天井の傾き。

    空気の循環システムや天井のシーリングファン等、設計段階で考えると効率的です。

  • 既存建物の場合

    一番長く過ごすスペースを暖めたい

    間取りにより家全体を温めることが難しい場合が殆どのため、生活空間を考え範囲を限定することが大切です。そのため薪ストーブの能力は勿論、生活動線の考慮や室内での薪ストックの保管、火の管理がしやすい設置位置なども考慮する必要があります。

煙突のプランニング

薪ストーブの性能や安全性に大きな影響を与えるのが煙突です。

当社では建築屋さんと話し合ったり、現地調査をさせて頂いてお客様に最適な煙突の出し方をご提案させて頂いております。

薪ストーブと煙突の関係

薪ストーブは薪を燃やすことで熱をストーブに蓄熱させ輻射熱を出して部屋を暖めます。

薪を燃やすためには空気と空気の流れが重要になります。

煙突の長さは最低でも5mは必要になります。

暖かい空気を煙突に送ることにより上昇気流ができ、それにより空気の流れが煙突に向かいます。

空気の流れができれば、ストーブの炉内の温度も安定し始めるのでストーブ本体が温まり、お部屋が暖かくなります。

二重煙突の必要性

二重煙突とは煙突が25mmの空気層により二重構造になっている煙突のことです。断熱性能が高い二重煙突は、燃焼に必要なドラフト(排気の上昇)を高め、安定した燃焼を維持します。

また放熱量が少ないため、煙突内側の煤の付着も少なくメンテナンスもしやすくなります。

さらに煙突の熱による壁内の炭化火災を防ぐ事にもなります。

安全面とストーブの能力を最大限に生かすため当社では二重煙突の仕様を基本とさせて頂いております。

  • 薪ストーブのある暮らし
  • Facebook
  • Instagram
  • イベント案内
TOP